LINK
自動車の査定のポイントとして焦点を当てられるところに走行距離が挙げられます。少なからず走行距離というのは車の耐用年数と見られるケースもありますので、走行距離が長ければ長いほど、売却額査定にとってはマイナス材料となります。普通は走行距離というのは少ない方が車の売却額は増えますが実はほとんど細かいベースラインはないため定められたベースラインで査定額が算出されます。このような事は現実に自動車を車買い取り専門店で査定をする時も重要視される査定の小さくないポイントになります。例えば、普通車では年間標準走行距離10000kmが基準としてこの走行距離を超えて走っていると大抵マイナス査定となります。軽自動車ですと年間で8000キロがまた年式が古い割に距離が小さいケースでも査定金額が高値になるというわけでもありません。実際にやるとよく分かりますが、自動車は適時乗ることによっても車両の状態を維持できるものなので年数の割に走行距離が短い自動車であれば、破損を起こしやすいと見られることもあるでしょう。中古車を手放す場合でも同じだと言えます。一般的には年式・走行距離に関しての査定のポイントは年数と比べて適した距離を走っているかというところです。それから車の年式というのも、自動車の見積査定の小さくない注意点です。十分把握してるという方が多数だと思いますが、一般的には年式については新しければ新しいほど査定では高評価が出やすいのですが、例外としてそのシリーズに希少価値がある車種は、新しくない年式であっても高く査定額が出されるケースがあります。同様の車種で同一の年式であってもその年式の中でモデルチェンジや仕様変更などがあったケースはもちろん、そのモデル次第で見積額は異なります。同様の車の見積もりと言っても様々な要素で車の評価は多少変化してくるのです。