LINK
一般的に任意保険という保険は強制保険になっている自賠責保険とは異なり、自賠責保険の範囲内で補いきれない部分の補償が可能になる大切な保険です。この任意保険という保険は自賠責保険の上乗せ保険として機能しますので、自動車損害賠償責任保険の限度額を超えた際に機能します。それに自賠責保険だけでは物に対する損害に対しては補償が受けられないので、それをカバーする際にはさらに任意保険にも加入しておくことをお勧めします。現段階で任意保険の保険料を支払っている車を売却する場合は、国内メーカーの自動車もしくはドイツ車などことは関係なく、残っている分が還付されます。これは国産メーカーの自動車についても同様です。自賠責保険、一般的には加入したままでいるのが常識ですが任意保険の場合、誰もが入るものではありませんから、キャンセルをすることになります。さらにキャンセル後は納付済みの返戻金が返金されるのです。自動車の売却が成立した場合でもすぐさま任意保険の契約を解除するのはリスクが高いです。当たり前ですが、早く解約すればそれだけ還付される保険料は多くなりますが車専門店が遠くにあり自ら持っていくということになったケースでは、保険なしで運転をする必要があります。もしもの時を考慮して、この先自動車の運転をしない状況になる時まで任意保険の契約のキャンセルをすることがないようにしなければなりません。中古車を処分して違うクルマに買い換える場合でしたら構わないのですがもしもしばらく乗らないような状態が継続して任意保険の必要がなくなってしまったらこの任意保険未加入の時があると、以前に継続していた任意保険の等級が下がり、保険料の額が上がります。こういった状況であれば「中断証明書」というものを発行してもらうようにしましょう。この「中断証明書」を使えば最長10年は契約解除前の任意保険の等級を引き継いで加入することができます。そして、13ヶ月以内ならば発行することができますのですでに売却していて、「中断証明書」というものを提示されてもらっていない状況でしたら保険会社や保険代理店にその旨をお伝えください。自分がまた車を買って、購入後に以前保有していた中古車を廃車に出すのであれば、契約は片方のみの契約となります。任意保険の切り替えになるので、運転しなければならない所有車の場合は処分までこのことを頭に入れておかなければなりません。さらに任意保険というのは自動車車両で額が相当違ってきますから車買取のさいは任意保険を見直してみる好機といえます。