LINK
自己破産手続きは、基本的に債務返済が不可能になったという決定を受け取った自己破産申請者が所有するほぼ一切の財貨(生存していく上でぎりぎり欠くことのできないものだけは所有を認可されている)を手放してしまうかわりに累積した借金が取り消しにできるものです。破産以降に、働いて得た給金や新しく得た財産を負債にあてる必要性、支払い義務はなく債務を負った人の再出発を目指すために作られた法制度といえます。債務整理に関するトラブルを抱える方々が大抵持っている不安の一つとして自己破産をすることへの不安があるといえます。知り合いに知れ渡ってしまいこれからの社会生活に良くない影響を与えるのではなどというように感じる方が多数いらっしゃいますが事実としてはそういったことは少ないといえます。自己破産は複数からの借入、借金超過によって悩んでいる人々を救済することを目的に国が整備した決まりです。自己破産した人についてはそれ以後の日常の中で不都合に思うような制限は無いように設計されている法的制度です。しかし自己破産をするには絶対に満たしておかなくてはならない事があることを忘れないようにしましょう。それが何かと言うと借りたお金をどんなに努力しても返していくのが不可能(債務返済不能)に陥ってしまったという司法的な判定です。借金の額面又は現状の給料を参照して申請者が返還出来ない状態だと司法機関からみなされた時自己破産というものをすることができるのです。仮に自己破産希望者の全ての借金が100万円である一方で月々の収入が10万円。こういった事例では債務の返済がとても困難であり債務の返済が不可能な状態というように見なされ破産を執り行えるようになるのです。その一方で無職であることはあまり重視されることではなく破産の手続きは今までのように継続して労働して返納が著しく困難である状態でなければならないという制約がありますため、働きうる上に、働くことが可能な環境があるのであれば借入金の総計が二〇〇万円にまで届かない場合、自己破産申し込みが受け付けられないこともあるといわれます。