LINK
簡単に言えば、任意保険というものは強制保険である自賠責保険とは違い、自賠責保険だけでは補えない補償を考慮しているより充実した保険です。これは任意の保険という保険は自動車損害賠償責任保険の上級保険という意味合いで有用なものですので、自動車損害賠償責任保険の支払いの限界を上回った時に役立ちます。また自賠責保険には対物損害に関しては保証されていないのでその部分を補うのであれば任意保険に加入することが望ましいです。既に任意保険の保険料を納付済みの愛車を乗り換える際は国産自動車や外国の車というようなことは関係なく残っているお金が返ってきます。これは国産自動車を廃車にする場合も同様です。自動車損害賠償責任保険の場合は基本的にはかけたままにしておくのが常識ですが任意保険というのは誰でもかける保険ではないですから、キャンセルをすることになります。そして、解約したあとは、今現在 支払っている残存金額が返還されることになります。自動車の売買が成立した場合でも即保険を中途解約することはリスクが高いです。当然、できるだけ早く中途解約してしまえばそれだけ返ってくるお金は増えますが、もしも車買取のお店が離れた場所にあるため、自ら持っていくことになった際は保険なしで車の運転をするはめになります。万が一のリスクを想定して必ずもう自分で自動車の運転をすることはない状況になる時まで任意保険の解除はされないようにする必要があります。自動車を引き取ってもらって、即違う車種を購入するケースであれば問題ないでしょうがもしずっと運転をしない状態が継続して保険に加入している必要がなくなってしまったらこの任意保険未加入の期間がある場合前に加入していた時の任意保険の等級が下がってしまい、保険料の額が増えることがあります。そういったような場合は「中断証明書」という書類を発行してもらうようにしなくてはいけません。この「中断証明書」があることで10年まで遡って解約前の任意保険の等級を引き継いで加入することができます。そして13ヶ月以内であれば発行することができますので既にクルマを売られていて、「中断証明書」を提示してもらっていないのでしたら保険会社やその代理店にその旨を伝えるようにしましょう。仮に自分がまた自動車を買うことになって購入した後に前に保有していた車を処分してもらうのでしたら、任意保険の加入は片方のみになってしまします。保険の切り替えになりますから乗らなければなれない自動車の場合は引き取りまで注意が必要です。さらに任意保険というのは自動車の種類で額がかなり異なってきますので愛車売却のさいは任意保険を見直してみる良い機会になるでしょう。