LINK
簡単に説明をすれば任意保険という保険は強制保険である自賠責保険とは違い、自賠責保険の範囲内で補いきれない部分の補償を考慮している大事な保険といえます。これは任意の保険という保険は自動車損害賠償責任保険の上乗せという意味合いで機能しますので、自賠責保険の支払いの限界を上回ったときに役立ちます。さらに自賠責保険には物的損害に対しては補償を受けることができないのでそれをカバーするためには入ることをお勧めします。現段階で任意保険の保険料を納付済みの愛車を買い取ってもらう際は、国産メーカーの自動車もしくはドイツ車ということは例外なく、残金が返金されます。国内メーカーの自動車を手放す場合でも同じことが言えます。自賠責保険の場合基本的にはかけたままにしておくのが通例になっていますが任意保険の場合は誰もが加入する保険ではないですから、中途解約ということになります。そして、契約解除をすれば、支払っている返戻金が戻ってくるということになります。クルマの買取が成立したからといってすぐさま加入している任意保険を中途解約するという選択肢は危険です。当たり前ですが即中途解約すればそれだけ還付されるお金は上がりますが中古車店舗が離れた地域にあるため自分で運んで行くような場合には任意保険に入っていない状態で車の運転をする必要があります。万が一のことを考えて、もう自ら自動車の運転をすることはないという状況になるまで保険の解除はすることのないようにしてください。クルマを手放してすぐに違う自動車に乗り換えるのであれば問題ないのですが、仮にしばらく車の運転をしないような状況が続いて任意保険に入っている必要がなくなってしまったらこうした任意保険未加入の期間が存在すると以前続いていた任意保険の等級が下がってしまい保険料の金額が上がることがあります。こういったケースは「中断証明書」という書類を発行してもらうようにする必要があります。この「中断証明書」で最長で10年は契約解除前の等級を継続することが可能です。また13ヶ月以内でしたら発行してもらうことができますから、仮に既に自動車を売られていて「中断証明書」を発行していないケースでは、その保険会社やその代理店にその旨を伝えるようにしましょう。もし新しくクルマを購入することになって、買った後に前に所有していた愛車を処分してもらう場合は任意保険は一方のみのになります。任意保険の変更という処理になるため、運転する予定のあるクルマの場合、引き取りの際まで注意が必要です。それから、任意保険という保険は車の種類など次第で料金が多少変わるので自動車買取の時は任意保険の内容を振り返る良いタイミングと考えられます。