LINK
可能な限りいい査定額で愛車を売りたいのなら中古車屋に持っていくを依頼する前に、必ず抑えておくべき項目が比較的多くあります。車内掃除をして、車の臭いやゴミなどを掃除をすることも重要です。手放す車の評価を出すのも人ですから、「汚いな〜」と感じてしまったら当たり前にいい評価をしたくないですよね。臭い、汚損のクリーンアップもできていない大事にされていない査定車というイメージを持たれる可能性が高いわけです。これは車の種類に左右されず自動車を査定に出す場合についても例外ではありません。まず第一に、臭いに関して最も多い査定額を下げる要因として、たばこ臭が考えられます。車内はとても狭いところです。その空間でタバコを吸うと煙草の臭いが車内について取れなくなってしまいます。ここ近年では健康ブームが当たり前になっていますから、そうした世相もあり、数年前と比較をしてもタバコ臭は見積額が変わる要因となります。車両の下取り前にできれば消臭スプレーなどの商品で愛車の臭いを消臭しておきましょう。それから動物の毛や臭いも買取額に影響します。常に飼っているペットと自動車に乗る自分には鈍感になっている事もありますから、自分以外の人に細かい点をお願いするほうがよろしいのではないかと思います。次によごれなどは車を売ったあとで、車の売却業者のプロが車内清掃をして売るため重要ではない、などと思って査定したら完全に車両の査定金額を引かれます。年式に比例するある程度の汚れは許容範囲ですがタオルなどで拭いて取るのが可能なところは車を洗ったり清掃をして取っておく必要があります。売却する自動車にワックスがけ、荷物入れの中の片付けなども大事です。実際ワックスをかけたり車内清掃にかかってくるコストと汚れているのが原因で見積で引かれる価格を比べると後者がそれなりに大きな差になると思います。手を入れて乗り続けた中古車といえるか?という点でみると普段から洗車をしたり車内清掃をしておくというのがとても望ましいのですが自動車査定を依頼するときの暗黙の了解だと思いますし、見積査定をする前に車内清掃を済ませておくことなどは、所有車の引き取り価格を高額にしようとする場合に、まずやるべき作業のひとつなんです。