LINK
クレジットを解約する際の申請手順それ自体はとても易しいことに違いありませんが契約解除する上で考えておきたい何個かの注意点なども認識しておけばクレジットの解約の作業を上手に完了させることが易しくなるに違いありません。箇条書きに記してみましたので気をつけて頂ければ、と思います。カード会社申請後特別の事情無く即座に機能停止を実行するのは御法度…カード登録したのちただちに手に入れたクレジットカードを無効化した場合、信用のない顧客という具合に信用情報取扱機関にラベリングされるありがたくない出来事がないとも限りません(あまりあることではないですが何度にもわたり契約⇒解約という作業を繰り返したというとき)。よくあるのは入会商品券プレゼントを狙ったときにはギフトカードまたはサービス・ポイントを始めとした加入特典を全てゲットしたという理由で即契約解除の作業をしたいと思うようになってしまうような気持ちもわかる。とは言えカード会社からの論理を基準にして考えればそういった人間においてはもう会社のカードを保有されて余分な作業を増やしたくないなどと結論を出すとしても文句は言えません。なので、あくまで加入時のプレゼント以外に魅力を感じずにクレジットカードという代物を登録した時でもすぐに解約行わないでまずは6ヶ月、可能ならば登録後365日よりもクレジットカード自体を契約を破棄せずその後解約することを推奨させて頂きます。他には加入時の優待券ということに終わったことではなく作ってはみたけれども使う機会がないから今すぐにでも使えなくしたい・・・というようなケースであっても、まず180日経過するまではそのカードを持ち続けておくべきです。クレジットを受け取るの考えるよりもカードという品物を新しく作る用の費用や手間は避けられないものですから、ほんの気持ち程度のお詫びというように相手を気遣ってもらえるのならお互い悪い気分にはならないのではないでしょうか